スーパーマーケットで素人でも見分けられるおいしい和牛の見極め方とは?

スーパーマーケットで素人でも見分けられるおいしい和牛の見極め方とは?

神戸、松坂、近江、米沢と聞けば誰もが高級牛肉と思うのではないでしょうか。
これらは全て和牛の一種です。
和牛というのは日本に元々いる牛を昔から品種改良して育ててきたもののことを指します。
国産牛と呼ばれるのは日本古来のものだけでなく、外国の牛だとしても日本で品種改良して長い期間育てていれば国産牛と呼ばれます。
和牛は日本オリジナルになりますので、海外でもブランド化されWAGYUとして親しまれています。
そんな和牛はメスの方が断然美味しいと言われていますが、スーパーで買う分には見た目でしか判断できません。
目視で美味しさを判断するには、パックを少し傾けてみて、透明な赤い汁が出てきていないか確認しましょう。
これは解凍して時間が経つと出てきてしまう肉の旨味成分で雑菌の繁殖にもつながります。
肉の色も重要です。
黒っぽくなっていたり、乾燥してしまっているものは新鮮ではないので避けましょう。
自分へのご褒美にスーパーで美味しいお肉を見極めて、自宅ですき焼きなんていうのもいいですね。

和牛を選ぶときはさしにも着目しましょう!

結婚記念日や誕生日など記念日やお祝い事の日には、何かおいしいものを食べたいと思うものです。
普段食べない豪華な食事を頂くことで、より記念日が非日常で特別な日であることを演出できます。
豪華な料理というと、ステーキやすき焼き、鉄板焼きなどがそれにあたります。
輸入のアメリカ牛やオーストラリア牛ではなく、特別な日にはぜひとも和牛などを食べてみるのもお勧めです。
しかし普段和牛を買いなれていないないと、どういったものがおいしいのか見極めが難しいのです。
この場合、まずは脂身の入り方に着目し選ぶといいと言えるんです。
赤身の中にまんべんなく白いさしが入っていると、ジューシーでありお肉自体の甘みを感じることが出来るのです。
和牛の場合は赤身50、脂身50の比率であってもけっして脂っこくなく、舌の上で脂がとけてすっと胃腸に流し込まれていきます。
そしてもう一つ選ぶ際に着目すべきは、赤身の色です。
深い赤ワイン色であり鮮度やつやのいいものを選びましょう。

に関する情報サイト
美味しい和牛の豆知識

このサイトでは、美味しい和牛についてより詳しく知るための豆知識や常識をお伝えします。国産牛の中でも高級イメージがありますが、そもそも相場はいくらくらいなのでしょうか。平均的な値段や価格の決め方についても知っておきましょう。また美味しく食べる料理や調理法のコツも紹介するので、主婦の人は参考にしてください。最近はこうした肉もスーパーで手軽に購入できます。店頭にて美味しい商品を見分けるポイントも解説します。

Search