すぐ理解できる!和牛相場や選び方等の豆知識やおいしく食べるコツなどをご紹介します!

このサイトでは、美味しい和牛についてより詳しく知るための豆知識や常識をお伝えします。
国産牛の中でも高級イメージがありますが、そもそも相場はいくらくらいなのでしょうか。
平均的な値段や価格の決め方についても知っておきましょう。
また美味しく食べる料理や調理法のコツも紹介するので、主婦の人は参考にしてください。
最近はこうした肉もスーパーで手軽に購入できます。
店頭にて美味しい商品を見分けるポイントも解説します。

すぐ理解できる!和牛相場や選び方等の豆知識やおいしく食べるコツなどをご紹介します!

和牛と国産牛の違いは、あまり知られていないかもしれません。
国産牛は日本国内で生産された牛の総称です。
一方で和牛は、厳格な定義を満たした牛肉になるので相場も国産牛よりもやや高めです。
「黒毛」と「褐毛」、「無角」、さらに「日本短角種」の4品種があります。
使用目的に合う品種を選ぶことが、より美味しい和牛を食べるコツと言えます。
ランクの高い美味しい牛肉として注目されるようになり、海外でも人気を呼んでいます。

和牛の選び方で大事なのは個体識別番号を良く把握することです!

国内では昨今、ブランド和牛と呼ばれるものが高い人気を誇るようになりました。
神戸や松坂、米沢など全国各地で飼育をされている和牛のことで、これらを専門に扱うステーキハウスや割烹料理店もたくさん登場をしています。
ご自宅でホームパーティーをする際にも取り寄せて食されることもあるでしょう。
その際、より美味しくて新鮮な和牛を買い求めたいものです。
どのようにして選べばいいのか、ここで簡単に解説をしていきます。
和牛を買い求めるときに重視をしたのは、個体識別番号です。
選び方で大切なのは、どの産地・どこの牧場で飼育をされてきた牛なのかを知ることになります。
個体識別番号はこの世で二つとないもので、ランクから飼育場所・月齢まですべてパソコンで検索をすることが可能です。
販売されているお店では表示をする義務があるため、買い求めるときは番号を調べてから手に入れるようにすることをおすすめします。
この方法なら産地を間違えることもありません。

和牛の個体識別番号の中で最も重視される月齢と性別について

日本が世界に誇れる産業にひとつが、畜産業です。
アメリカやフランス・中国では空前の日本ブームが巻き起こっていますが、その中でも和牛が非常に人気を帯びている食べ物です。
国内でも鹿児島や松坂では、数多くの和牛専門店があり、連日大勢の方が買い求められている光景を目にできるでしょう。
和牛を購入する際、多くの方が新鮮で品質のいいものを買いたいと思われるものです。
そこでここでは、購入時に着目をしたい個体識別番号のある箇所について見ていくことにします。
個体識別番号は和牛には必ず付与をされており、この世で二つとして同じものはありません。
すべて農林水産省のデータベースにおさめられており、消費者が検索をして目にすることも可能です。
そのなかには月齢と性別も含まれていて、もっとも重視をされるポイントです。
月齢とは生まれてから処理をされるまでの年齢をあらわしており、もっとも品質が良いのが2歳のメスとなっているのが特徴になります。

和牛の選び方で注目されるのは歩留等級と肉質等級

和牛の評価でランクという言葉を聞いたことがあるはずです。
和牛に限らず牛肉には等級があり、それによって格付けされています。
A5ランクという評価をマスメディアを通して聞きますが、これは肉質等級と歩留等級を組み合わせた評価です。
最初のアルファベットが歩留等級で、Bを標準としてABCの3段階で決めます。
歩留りとは食用として利用できる部分の重量の割合で、標準よりかなりよければA、標準より劣ればCになります。
これに対し肉質等級は、脂肪の混ざり具合、脂肪の色、肉の色など見た目で決めて数値で表示します。
主観的な感じがしますが、高級食材であり人目に触れる機会も多い和牛は、見た目の鮮やかさは食欲をそそり満足感を高めるための重要なポイントといえます。
このように和牛の評価は2つの基準でなされ、1つは生産効率に影響する歩留り、もう一方は見た目の鮮やかさや脂身の入り具合です。
決して味わいそのものを評価しているわけではないので、A5ランクだといわゆるサシの多い歩留りのよい肉だと理解しておきます。

良質の和牛を選ぶときは産地やブランド牛にも注目しよう

良質の和牛を選ぶときは産地やブランド牛にも注目すると、いろいろな楽しみ方ができます。
和牛の味は食べるもので大きく変わり、たとえば牧草を多く食べる種類で育った牛は脂身こそ少ないものの引く本来の味を楽しむことが可能だからです。
同じ牧草でも山間で育てられたものと、海岸沿いで育てられたものでも異なりこれは海の塩分が含まれることに因って変わるとされています。
もちろん霜降り肉のような、穀物をたくさん加えて肥育した牛も世界で注目されている育て方でまさにジャパンブランドと言えるでしょう。
脂身が甘く口の中でとろける食感はまさに至福で、同じ牛肉ではないものというくらいの違いです。
性別でも味わいは微妙に異なり雌牛は柔らかく脂分が多いのが特徴で、雄牛は筋肉質で肉本来の味わいが強いという傾向があります。
最上級は雌牛とされていて、競りなどでも高めになりますがだからといって雄牛が美味しくないというわけでは無く肉本来の味が楽しめます。

に関する情報サイト
美味しい和牛の豆知識

このサイトでは、美味しい和牛についてより詳しく知るための豆知識や常識をお伝えします。国産牛の中でも高級イメージがありますが、そもそも相場はいくらくらいなのでしょうか。平均的な値段や価格の決め方についても知っておきましょう。また美味しく食べる料理や調理法のコツも紹介するので、主婦の人は参考にしてください。最近はこうした肉もスーパーで手軽に購入できます。店頭にて美味しい商品を見分けるポイントも解説します。

Search